セキララキラ子の闇〜借金返済

借金220万をコツコツ繰上げ返済していくブログです

借金の経緯②

前回の続きです。

「信用情報に載せますよ」=あなたはブラックリストにのりますよ!

そういう切迫した状態であること、その意味もピンと来ていなかった。
結局、大学時代は親に生活費、学費として面倒をみてもらいながら
サラ金の学生ローン、パソコンのローン、クレジットカードのリボ払いを自転車操業のごとく支払っていた(支払ってもらっていた)

多分この時の総額60万くらいだったと…
銀行からあんな手紙が来るのはもう嫌だったので、親に就職したらちょこちょこと返すからと約束しクレジットカードの残額は全額支払い、カードは解約しました。
学生ローン、パソコンのローンがあることは親に言わなかった。
ことのきちゃんと話して、
助けを求めていれば
後々の家族を巻き込む騒動は起きなかったと思います。

本当に危機に陥ったのは、
社会人になってからでした。

大学卒業後は、建設業の事務員として中小企業に就職しました。
給料振込みの指定口座を登録するときにキャンペーンでクレジットカードを作りませんか?と言われ、

ブラックリストにのっているかも」

と一抹の不安を覚えながらも申し込みしました。

そしたら作れちゃったんです。
クレジットカード。

またもやクレジットカード=「自分のお金」

っという錯覚にはまり込んでいったんです。

そして、

「私、ブラックリストなんてのってないじゃーん!!」

って調子を良くした私は、
会社、家族をも巻き込む騒動を起こしてしまうんです。

借金の経緯①

キラ子です。
借金の経緯を書きます。

大学のときに限度額10万の銀行系クレジットカードを作ったのが運の尽き。
ゼミで使用するパソコンを買うため学生ローン借金に手を出しました。金利18%で20万くらいだったかな。それも生活費で使ってしまい、結局パソコンはローンをくみました。
借金の怖さを微塵も感じてないアホで、
利子のみを返す日々でした。
クレジットカードは常に限度額いっぱい。
しかも怖い怖いリボ払いにしてました。
銀行から毎月督促が届いてました。



督促が来ても、悪いことだなんて思ってなかったんです。



ゼミでお金いるーっとか親に言って、お金を頂戴し、こちらも毎月返してました。でもつかっちゃう。

でも、ついに、来たんです。

銀行からの
「×月×日までに遅延分払わないと信用情報機関にのせるぞ。」
という文書が。

開封した日は指定の期日より過ぎてました。
銀行に電話して、ちょっと体調崩してて残高確認に行かなかった。今日振り込みます。
って嘘ついて振り込んだ。
明らかに電話口で、呆れられていた対応でした。